LINE

本ブログの過去の記事で、Skype、TextNow、Fongo などのアプリで通話を行った場合のデータ量については、実際に弊社が行ったテストの結果をもとにお伝えしていました。

それらの記事の中では、ほとんどふれていなかったのですが、さすがに LINE は外せないであろうということで、今回テストにより、データ量を確認しました。

なお、今回のテストは音声通話だけでなく、ビデオ通話についても行っております。

1.テストの概要
(1) 発信側は hellosim を装着したスマホでデータ通信回線でインターネットに接続
(2) 着信側は 高速の固定インターネット回線に Wi-Fi 経由で接続
※ hellosim は 3G のデータ通信回線で接続している状況ですので、この条件ですと、両者間の通話に関する全体としての速度は、より低速である hellosim 側の 3G 回線に大きく影響されることとなります。
※ データ量は端末(スマホ)側ではなく、ネットワーク側(課金ベース)で測定しています。

2.音声通話のテスト結果
(1) 有音時(しゃべりっぱなしで常に音がある状態)
 430 KB / 分 (以前テストした Fongo のアプリと、おおよそ同じレベルです。)
(2) 無音時(ミュート)
 85 KB / 分 (かなり少ないデータ量です。)

この結果からすると、しゃべりっぱなしでも、1 GB あれば 38 時間以上通話ができる計算になります。(さすがに 1 ヶ月 の期間の中でも、累積で40 時間近くも話す人は居ないのではないかと思いますが。)

なお、無音時のデータ量が少なくなるのは当然で、アプリが送受信データを最適なレベルに制御しているということかと思います。(誰も何も話していない時に、無駄に大量のデータをやり取りするのはナンセンスですので。)

3.ビデオ通話のテスト結果
 2,359 KB / 分 (以前、同条件で Skype のビデオ通話をテストした際、3 MB 程度ありましたので、それより少なめです。)
※ ビデオ通話の場合、無音でも画像は常に送受信されるので、あえて無音のテストはしていません。

1 GB あれば 7 時間以上、ビデオ通話ができる計算になります。

今回のテスト結果としては以上です。

ところで、留学生向けに現地の携帯電話(スマホ、SIM )契約の取り次ぎを行っている、ある会社のウェブサイトに、

「LINE のビデオ通話が毎週 2 時間利用として、1 ヶ月で 2 GB のデータを使用する」

という説明がありました。今回のテスト結果からすると、2 倍近いデータ量を使用すると説明していることになります。(毎週 2 時間なら、1 ヶ月で 8 時間ということかと思います。本記事のテストでは 7 時間が 1 GB という結果ですが。)

これが嘘であるとは思われません。ただ、こういった説明や今回のテスト結果を見る時、客観的に意識しておくべき点はあるかと思います。

件の会社が販売しているのは、海外現地通信会社の 4G サービスです。最も安いプランでも、30 ドル/月以上はします(1 ヶ月 10 GB のデータ量の使用が可能)。なお、この割引料金のメリットを受けるには最低 11 ヶ月の利用期間が必要です。(最短の契約だと、同じプランが最低 2 ヶ月の利用期間が必要で、この場合は、割引が無く、40 ドル/月以上になるようです。)

それに対して、hellosim は 3G 回線で接続されていた訳ですので、4G と 3G の回線速度差があります。また、hellosim の場合は(インターネット・パッケージを利用可能な国や通信会社であれば) 1 GB を 30 日間の有効期間で利用可能になるので、1 ヶ月の料金は15 ドルということになります。

回線が速いというのは、もちろん良いことです。ただし、例えば LINE のビデオ通話を行う場合、回線速度が速いと、LINE のアプリは、その速度を活かして、できるだけ高画質でビデオ通話を行おうとします。

逆に、3G 回線は 4G 回線と比べれば低速ですので、その速度で最適なレベルで、できる限り画質の良い状態でビデオ通話を行えるようにします。

あとは利用者が判断することですが、3G 回線のビデオ画質を見て、「これは不満だ、毎月倍の料金を支払っても画質がもっと良い方を使いたい」と言う人が、はたしてどれ位いらっしゃるかは何とも言えません。

というのは、3G 回線のビデオ画質が極端に悪ければ、多くの人が直ぐに画質の悪さに気づくと思われますが、もともとある程度意識している人(あるいはタブレットなど、比較的大きな画面の端末を使用している人)でないと、日常の中ではほとんど差を意識しないレベルではないかと思われるためです。

皆様が通信サービスやプランを選択されるときは、料金なのか、画質などの品質なのか、といった様々な観点で客観的な比較を行っていただいたうえで、何を最も重視するかにもとづいてご決断いただくのがよろしいかと存じます。

p.s.  上記の会社とは別な会社がウェブサイト上の長期渡航者向けの現地通信会社商品の説明において、「1 GB のデータで Skype のビデオ通話が約 27 分」と掲載していました。これも間違いではないと言えますが、かなりの高画質になるくらいの品質ですので、こういうレベルを前提に説明すれば、それは 1 ヶ月で 10 GB を中心とした数十ドル/月クラスのプランでないといけないような気にさせられてしまうのではないかと思われます。

因みに、Skype が必要とする最低限の帯域幅については、こちらの公式な説明があります。3G どころか、2.5G クラスのかなり低速でも一応、ビデオ通話は可能と言えます。