3Arena

7 月もあと僅かとなりましたが、夏の間に短期留学される方もいらっしゃるかと思います。

そして海外渡航時に現地でインターネットしたいとなると、今でも多くの方は海外 Wi-Fi レンタルをお考えになるかも知れません。

でも、数年前ならともかく、現在では料金面だけで比較しても、海外 Wi-Fi レンタルが最も良い選択になるとは言えない状況があります。

そのことを具体的に料金を比較しながら見てまいりたいと思います。
本記事ではアイルランドに渡航する場合を例にとって、渡航期間別に料金を比較します。

短期留学は 1 週間前後のものから数ヶ月に及ぶものまで、様々な期間があるかと思いますので、本記事では
    7日間(1 週間)
  14日間(2 週間)
  28日間(4 週間)
 の各期間で比較を行いました。
(これを超える期間の、例えば3 ヶ月の留学の場合は、大雑把ではありますが、28 日間のものを 3 倍するなどで費用の目安を計算していただくと良いでしょう。)

比較対象としたのは、
① 国内大手の海外Wi-Fi レンタル(アイルランド向け通常プラン 300 MB/日)
② 国内大手通信会社の海外ローミング(国・地域限定型のオプションプラン)
③ hellosim(「インターネット・パッケージ」のうち、15 ドル/1GB のプラン)
です。

① は価格.comで各国向け人気プランのランキングにおいて、トップの常連となっているグローバルWiFi を取りあげています。データを取りあげた 2019年7月27日時点において、実際にアイルランド向けの各社・各プランの比較において総合 1 位になっていたプランです。

② はドコモの海外ローミングで、利用する国(地域)が 1 つに限定されている場合に利用可能なデータローミング用のプランパケットパック海外オプション国・地域限定プラン)を取りあげています。この国・地域限定プラン以外に、複数の渡航先国で利用可能な基本プラン(こちらは 980 円/24 時間)がありますが、そのプランより割安の料金で利用可能です。

③ は hellosim「インターネット・パッケージ」の 5 種類のプランのうち、15 ドル/1GB のプラン(INTERNET 1000)を取りあげています。

では1週間のものから順に見ていきましょう。

1週間(7日間)の渡航の場合



海外 Wi-Fi レンタル
  グローバルWiFi

ドコモ 海外ローミング
パケットパック海外オプション 

hellosim
インターネット・パッケージ 

 料金

6,048
4,088円) 

3,980

3,300
1,650円) 

利用可能な
データ量

1.5 GB

日本国内の契約プランの
データ量を使用

2 GB
1 GBの場合)

1日あたりの
データ量上限

300 MB
(但し超過後も低速で通信可)

特に無し

特に無し


次は2週間の場合です。

「1日あたりのデータ量上限」を省略していますが、各サービスとも1週間の場合と同じです。

2週間(14 日間)の渡航の場合



海外 Wi-Fi レンタル
 
グローバルWiFi

ドコモ 海外ローミング
パケットパック海外オプション 

hellosim
インターネット・パッケージ 

 料金

12,096

8,176円) 

9,260

6,600

3,300円) 

利用可能な
データ量

3.6 GB

日本国内の契約プランの
データ量を使用

4 GB

2 GBの場合)


最後に4週間の場合です。

「1日あたりのデータ量上限」を省略していますが、各サービスとも1週間の場合と同じです。

4週間(28日間)の渡航の場合



海外 Wi-Fi レンタル
 
グローバルWiFi

ドコモ 海外ローミング
パケットパック海外オプション 

hellosim
インターネット・パッケージ 

 料金

19,980

12,140円) 

19,820

13,200

6,600円) 

利用可能な
データ量

7.8 GB

日本国内の契約プランの
データ量を使用

8 GB

4 GBの場合)



上の3つの比較表においては、タイプが異なる3つのサービスを比較しているため、少し補足が必要です。

(1) 海外 Wi-Fi レンタル

安心補償パック フル300円/日)をつけています。

少しでも費用を抑制したい場合は、300 円 × 7 日とか、300 円 × 28 日のようにして、
このオプション料金の部分だけ合計金額から差し引くことで、補償パックをつけない場合の費用を把握することができます。
(ただ、渡航期間が長くなるほど、何も補償をつけないというのは心理的にも負担になるかも知れません。)

海外Wi-Fiレンタルではアイルランドに関して、4G回線(高速)と3G回線(中速)の2種類が提供されています。

( )がついていない方が4G回線の料金、( )内に記述されている方が3G 回線の料金という形で両方掲載しています。
4G 回線3G 回線も補償パックの料金は同一のため、違いが出るのは通信料金の部分だけです。)

(2) ドコモの海外ローミング

どの渡航日数の比較表においても、渡航初日と最終日は飛行機での移動に使われるものとし、
その分だけ海外パケットパックの利用日数を減算しています。

従って、
1週間の渡航の場合5 日間のプラン3,980円)1回
2週間の渡航の場合7日間5,280円)のプラン1回5日間3,980円)のプラン1回の組み合わせ(合計9,260円)
4週間の渡航の場合7日間5,280円)のプラン3回5日間3,980円)のプラン1回の組み合わせ(合計19,820円)
を、各々選択しています。

ドコモの海外ローミングでは4G 回線3G 回線のいずれも利用可能ですが、デフォルトでは4G 回線を利用するものと考えて良いでしょう。

なお、ドコモの場合は1日あたりのデータ量に上限こそ無いものの、利用可能量は国内の契約プランのデータ量にもとづきます。

従って、例えば国内の契約がギガライトになっている方など、若干注意が必要です。
と言いますのは、ふだん国内で1 ヶ月間に 1 GB 以下のデータ利用となっている人が、アイルランド渡航中に 1 GB を超えるデータを利用した場合、ギガライトの仕組み上、1 GB を超えたことによって、当月の月額料金が 1,000円増加します(当月の月間利用データ量が1 GB 超 ~3GB までとなる場合)。

パケットパック海外オプションの料金が3,980円であっても、このような状況が発生すると、実質的に4,980円で利用することになる訳ですので、特に国内の契約プランがギガライトになっている方の場合は、パケットパック海外オプションの料金に国内プランのデータ量超過料金が上乗せされる状況も計算に入れていただいた方が良いでしょう。

いずれにせよ、上の3つの比較表が示すように、ドコモの契約者であれば、わざわざ海外 Wi-Fi レンタルを利用しなくても料金的にも十分メリットがあります
特に4G回線どうしとの比較で言えば、常に海外 Wi-Fi レンタルより料金が安くなっています(ただし国内プランのデータ量の超過料金を考慮していない)。
更には国内で契約しているプランのデータ量を海外渡航中に活かせるという利点もあるでしょう。

(3) hellosimの「インターネット・パッケージ」

hellosim 「インターネット・パッケージ」は、利用するデータ量によって 50 MB100 MB250 MB500 MB1000 MBと、5 種類あります。
比較においては、他の2つのサービスが渡航期間中に1.5 GB 以上利用可能であるとの前提で、1000 MB(すなわち 1 GB)のプランを2回利用する(合計2 GB)という想定にしています。
7 日間の渡航の場合。以下14日間と28日間の渡航では、7日間の場合の2倍4倍の想定)

hellosim の場合はドル建てで料金が設定されており、1 GB のプラン(INTERNET 100015 ドルです。
※ 比較にあたって日本円換算を行うため、1 ドル=110 円のレートで換算しています。
15 ドル= 1,650 円)

従って 2 GB利用するのであれば、料金額は合計で 30 ドル(3,300円)ということになります。

ところで、hellosim が特に海外 Wi-Fi レンタルのサービスと大きく異なる利点を挙げますと、hellosim の場合、渡航前から利用するデータ量を決めて料金を支払っておかなければならないということはありません。

例えば、7日間の渡航で500 MBも利用しないと見込まれる方の場合、現地に到着してから取りあえず250 MB 5.5 ドル)のプランを利用しておいて、それで足りない状況となった場合に100 MB3 ドル)のプランを追加するという使い方などが可能です。
(この場合の合計金額は 8.5 ドル。日本円換算で 935 円です。)
※ 実際にユーザーによってデータ使用量というのは、かなり差があり、同じ1週間でも1.5 GB 2GBは利用されるケースがある一方で、500 MBを下回るというケースも少なくありません。
特に宿泊先等で無料 Wi-Fi を利用可能などの状況があると、その分だけ外出中のデータ使用量が抑制されることも多く、かなりデータ使用量が抑えられる場合もあります。

ところが海外 Wi-Fi レンタルの場合は、借りたということだけで、申込時に選択したプランの料金が全てかかってくる訳ですので、使わない分の料金を減額してくれという訳にも行きません。

ドコモの場合も、パケットパック海外オプションをいったん利用開始してしまえば、その時点で3,980円なら3,980円(5日間のプランの場合)はかかります。
現地であまり必要が無くなったから返金してくれという訳にも行きません。

この観点で比較すると、3つのサービスの比較において hellosim の場合は、自分の必要に応じて柔軟に費用をコントロールできるという特長があると言えます
※ ご参考のため、各比較表においては他の2つのサービスで利用可能なデータ量に匹敵するデータ量の場合の料金額に加えて、その半分のデータ量の場合の料金額を( )内に掲載しています。

なお、hellosim の場合、アイルランドで利用可能なのは 3G 回線のみですが、例えば動画などのコンテンツでも十分閲覧可能です。

※ 動画はその画質によっては 2 時間程度見た位でも容易に 1 GB 程度のデータ量になります。
※ インスタグラムなど、比較的高画質の静止画や動画を大量に送受信したりするようなサービスも、頻繁に利用すると短時間で大きなデータ量になりがちです。
※ 4G
3G では技術規格上の回線速度には違いがありますが、どちらで利用していようと、こういったサービスを利用した際に大量のデータをやり取りすることには変わりありません。

料金のことは気にならないという方は別ですが、ドコモhellosim が 1 日あたりで利用可能なデータ量に上限が無いと言っても、動画やインスタグラムの利用し過ぎにはご注意ください。